冷え太り解消!中から外からキレイになる

2020.12.16

1417

12月も下旬のコラムです。
これからますます寒くなり、
冬本番を迎えますね。

寒さが進むにつれてお悩みとなって
くるのが「冷え」。
暖かい部屋にいるのに手先や足先が冷たい。
ベッドに入っても手足が冷たくてソックスを
はいて寝る。
Y Styleにもそんなお客様がとても多いのです。


夏と冬どちらが痩せやすいと思いますか?
答えは冬!
実は冬は夏より痩せやすい季節なんです。
でもこの「冷え」が原因で、多くの女性が
冬だけでなく、夏のエアコン下でも冷えて
”一年中痩せにくい体”
を自ら作ってしまっています。

実はこの「冷え」を解消すれば、痩せるだけ
でなく、免疫力もアップし、お肌の潤いも
アップしてキレイになれるのです。

この冬は、体の中からポカポカ潤い女子を
目指しましょう!

そもそも体の冷えとは?

私たちの体は、外気温が変化しても一定の体温に
保つことができる仕組みになっています。
それは、汗をかいたり、血液の流れる量を調節
したりすることで維持されています。
暑い夏、体温が上がりそうになると汗をかいて
熱を逃がします。
冬の寒いときには無意識に体が震えることが
ありますが、これは筋肉を動かして熱を作り出して
体温を上げようとしている反応です。

「冷え」とは、このような体温調節が上手く
働いていない状態になっていることをいいます。

冷えるとおこりやすい不調

体の「冷え」は、次のような様々な不調をまねいてしまいます。

・肩こりや首のこり、頭痛

・腰痛、関節痛

・手足のむくみ

・太る

・生理不順、生理痛

・肌荒れ  など

冷えの原因

体の不調をまねいてしまう「冷え」ですが、
主な原因としては、次のようなことが挙げられます。

自律神経の働きが乱れている

体温調節の命令を出しているのは自律神経です。
不規則な生活やストレスなどによって、
その働きが低下してしまい、体温調節が
うまくいかなくなってしまいます。
夏など常に空調が働いている室内にいると、
外気との温度差が大きくなり自律神経の働きの乱れ
につながってしまいます。

皮膚の感覚が鈍ってしまう


例えば、体を締めつけてしまうようなきつい
下着や靴などで血行が悪くなってしまうと、
皮膚の寒さを感じる感覚が鈍ってしまい
体温調節がうまくいかなくなってしまいます。
痩せたい一心で体を締め付けるキツイ矯正下着で、
かえって健康を損なっているケースもあります。

筋肉量が少ない

筋肉は熱を作る重要な器官です。
運動不足の人など、筋肉量が少ないと熱を
作り出しにくくなります。
男性より女性に「冷え」が多い原因の一つとして、
女性の方が筋肉量が少ないからといわれています。

ホルモンバランスが崩れている

ストレスが多い生活や過度なストレスなどで、
女性ホルモンが乱れることにより、
血行が悪くなってしまうことにつながります。

間違った食事法でダイエットをしている

世間一般に、”痩せると思われる食事”内容が、
かえって冷えを促進し、痩せづらい体になっている
ケースがあるのです。

冷えを改善するには

冷えを改善するには、体の中から温めて
血行をよくし、自律神経を整えることが
大切です。日々の生活での
改善方法を見ていきましょう。

食習慣を見直す

体の「冷え」を促すような食習慣になって
いないか見直してみましょう。
太りたくないからと食事量を減らしていたり
することはありませんか。
「冷え」の改善には体の中で熱を作り出す三大栄養素
である『たんぱく質・脂質・糖質(炭水化物)』を
バランスよく摂ることが大切です。
食べ物の温度も冷えに影響しますので
温かいものを摂るようにします。

冷えにつながる食習慣とは次のようなものです。
食習慣を見直してみましょう。

・食事量が少ない

・油抜きのメニューが多い

・お肉を食べない

・ドレッシングはノンオイル派

・糖質ゼロを選んでいる

・冷たい食べ物、冷たい飲み物を好む  など

生活習慣を見直す

「冷え」の改善には、生活習慣も関わってきます。
生活習慣も見直してみましょう。

・シャワーで済ますのではなく、ぬるめのお湯
(38~40℃位)にゆっくりつかる

・規則正しい生活を心がけて、ストレスを
ためないようにする

・十分に睡眠をとる

・血行を悪くするような体を締めつけて
しまう洋服や靴などは避ける

・服装は、上半身より下半身を暖める
(首まわりは暖める)

適度な運動をする

筋肉は熱を作る重要な器官です。
筋肉量が少ないと熱を作り出しにくく
なってしまいます。
適度な運動をすることで、筋肉量をアップ
させましょう。また、適度な運動は
自律神経を整える効果もあります。
無理せずできるウォーキング、ストレッチや
スクワットなどを取り入れてみましょう。

いかがですか。

この冬は、食習慣・生活習慣を見直して
体の「冷え」を解消し、体の中から外から
ポカポカキレイで寒さを乗り切りましょう。

Y Style New York & Tokyoでは、
日本アンチエイジング・ダイエット協会の
認定トレーナー・マスター講師が
マンツーマンでついて食事指導を行う
「ダイエットビューティーコース」
などもご用意しています。

ご興味のある方はこちらから♪

「ダイエットビューティーコース」

一般社団法人 日本アンチエイジング・ダイエット協会

YouTube『JADAビューティーチャンネル』