幸せを手に入れる8つのレッスン

2021.10.17

976

ニューヨークで出会ってきた成功者には、
ある共通点がありました。

それは『自己プロデュース』に
絶対妥協しないということ。

政治家、経営者、ビジネスパーソン、俳優、
芸術家など、イメージコンサルティングの
クライアントはさまざまですが、
彼らは自分の魅せ方については誰よりも
貪欲で天才です。

イメージを作ることが、最速でゴールへ
たどり着く方法だとわかっているからです。

あなたも、自分が目指す幸せへのゴールのために
まずは「見た目」から変えてみませんか?

『幸せをつかむ人ほど「見た目」にお金を使う』より
一色由美子著 大和書房

「私」という歩く名刺

「理屈はルックスに勝てない」

これは大ベストセラーになった竹内一郎さんの


著書『人は見た目が9割』(新潮社)の

帯にあった言葉です。

まさにこの言葉通りなんです。



見た目は確実に内面を映し出します。

それは年齢を重ねるごとに顕著になり、

50歳を過ぎればその人となりは、

100%見た目に表れるといっても過言では

ないでしょう。


意地悪な考え方をしている人は意地悪な顔つきに

朗らかに好奇心旺盛に生きてきた人は

いつまでも若々しい顔つきなのです。

見た目とは、顔つき、服装、しぐさ、目つき、

匂い、色など私たちをとりまく

言葉以外の膨大な情報です。

名刺交換する以上に、私という歩く名刺が

第一印象を作っています。

だから、内面の一番外側にある見た目を

変えることは重要なことなのです。

女性の場合、きれいであることで得をする

ことが多いはず。

外見を磨くことは、自分が満足する

「自己への効能」だけでなく、「他者への効能」

でもあります。

国や人種にかかわらず、整った容姿には

他者を引きつける効果があります。

その結果、美しければ何らかのチャンスを

つかむ可能性が非常に高くなるというわけです。

「見た目だけで判断されたくない」

という人もいますが、ならば逆に

「見た目だけで損をすることはもったいない」

と思いませんか。

見た目は説得力だからこそ、使わない手はありません。

幸せをつかむならカワイイよりもエレガント

イメージコンサルティングにいらっしゃる

クライアントには、見た目に無頓着ではなく、

努力してきた女性たちも多くいらっしゃいます。

ただ、日本的な「カワイイ」見た目なのです。

アメリカでは、「cute(可愛い)」は

子どもに対して使う言葉で、大人の女性に

対しての褒め言葉ではありません。

大人の女性として認められるなら、

ビューティフル、ゴージャス、セクシーと

いわせないといけません。


どんな人たちと付き合いたいのか、

人からどんな扱いを受けたいのか。

そのためには、あなたのイメージを考え、

変えていく必要があります。

例えば周囲の人から尊重してもらいたい、

自分の意見をしっかり聞いて欲しいのであれば、

年齢に合わないファッションはやめましょう。

リボン、フリル、ミニスカート、いつまでも

可愛い格好やメイク、髪型では人からは尊敬されません。

かわいいワンピースではなく、エレガントなスーツ

や時にまとめ髪はどうでしょう。

メイクもナチュラルではなく、アイラインや

アイカラーをきかせるのも良いです。

あなた自身が凛とした大人の女性を演出すれば、

それに見合った大人な男性が近づいてきてくれます。

今から本当に自分のなりたい姿をイメージしてください。

そこに近づくためにメイクやヘアスタイル、ファッション

を変えていきましょう。

ヘアスタイルで幸せを手に入れる

ニューヨーカーにとって、手のかけられた

若々しい外見は、成功のシンボルです。

アメリカでは、

「常にベストを尽くして最高の状態でいるべし」

といった美意識があります。

そのため、社会的に成功している人ほど、

何歳になっても食事・運動に気を遣い

きちんと自己管理するのが普通です。

特にヘアスタイルは年収を表すといわれるほど、

大きなポイントになります。

きちんとセットされた髪が富の証となるのです。

皆さんは普段、どんな美容院に行っていますか。

美容院は値段の安さや通う時の便利さだけではなく、

「値段以上に素敵になれるか」と合理的に考えましょう。

ヘアスタイルに悩んでいるお客様には、

東京都心の人気店のトップスタイリストを

ご紹介させていただいています。

いつもの値段に3,000円プラスすれば、

都心で勝負している人気スタイリストにお願いでき、

3万円分のきれいを手に入れることができるのが

ヘアスタイルであると肝に命じましょう。

メイクで幸せを手に入れる

メイクをしても変わらないのでしていません。

そんなすっぴん派のお客様もいらっしゃいます。

ただ、イメージコンサルタントの立場からいえば、

女性にとってのメイクは社会人としての礼儀、

エチケットだと思います。

職場にノーメイクで出かけることは、

寝起きのまま歩いているのと同じです。

もちろん職場によって汗をかくような状況等で

メイクができない場合は仕方ありません。

いくらきれいな服装をしていても眉も整えず、

クスミやシミが目立つ肌のままで人前に立つのは、

素敵な大人の女性とは言えません。

日本の男性はノーメイクの清楚な女性を

好むことが多く、

「清潔感のあるすっぴんがいい」と

おっしゃる方もいますが、彼らがいう

ノーメイクとは、一見自然に見えるように

作り込まれていて、厚化粧に見えない

すっぴん風メイクのことです。

決して寝起きのままの姿を好きと

言っているわけではありません。

20代の頃はメイクをしなくてもかわいらしかった

女性も30代、40代と年月を重ねていくと、

どんなに肌がきれいでもノーメイクでは

あまり良いことが起こりません。

子供っぽく見られることより、

知性のある成熟した女性、大人の美しい女性

として扱ってもらうことの方が

あなたの価値を高めます。

派手ではない、清楚な女性を目指すにしても、

きちんとしたメイクアップが必要なのです。

美しい歯で幸せを手に入れる

どんなにきれいな女性でも、口を開いた時に見える歯が

黄色いともったいないと思います。

ヘアスタイル、メイク、ファッションのすべてが完璧でも

笑った途端に努力が全部無駄になるほど、

黄色い歯は美貌を損ねますし、清潔感も損ねます。

アメリカでは、出世の条件に「美しい歯」

という項目があります。

歯並びが悪かったり、歯が黄色いと

そこそこの教育しか受けていない=トップの器ではない

と思われてしまうのです。

虫歯がなくても、3ヶ月から6ヶ月に一度

歯医者さんでクリーニングをし、

必要ならホワイトニング処置をしましょう。

ホワイトニングは、自費診療で数万円のお金がかかることが

ありますが、高い化粧品をいくつも使うくらいなら

歯に投資した方が費用対効果は高いです。

歯並びもとても重要です。

歯列矯正は、お金がかかるものですが

口元のコンプレックスもなくなりますし

堂々とお話ができるようになります。

また、骨格が変わるため小顔効果も期待できます。

歯にかける費用には、その金額以上のリターンがあります。

もし歯にコンプレックスがある方は、思い切って

歯医者さんに相談をしてみてください。

口元を気にせず人と話すことができ、

手で口を覆わずに笑うことができるようになります。

それだけで人生が明るくなるはずです。

美しさは足元から

「足元を見る」とはよくいったもので、

ニューヨークの一流ホテルやレストランのボーイや案内係が

客のステータスを素早くジャッジするポイントは靴です。

日本ではそこまでレストランが客のステータスを

図ることはありませんが、普段の生活の中でお辞儀をしたり

うつむいた拍子に、靴は真っ先に目に入りますから、

自分が思っている以上に一眼につく部分だと思ってください。

ベーシックなパンプスやブーツのほか、

スニーカーもあると便利です。

できるだけ少ない数で合理的に靴を活用したい人

どんな靴を選んで良いのかわからない人は以下の

ポイントを参考にしてみてください。

・脚が一番きれいに見えるヒールの高さ

ハイヒールは、高ければ高いほど脚がきれいに見えると

思っていませんか?

ポーランドのある大学が、”脚の長さと魅力の関係について”

調査したところ、身長に応じた脚の長さよりも5%長い脚が

もっとも魅力的に見えるという研究結果がでたそうです。

日本人の平均身長は約158cmといわれているので

7〜8cmのヒールがもっとも美脚に見せてくれることになります。

・エレガントに見せるポインテッドトゥ

シャープなシルエットが実際以上に脚を長く

見せてくれる効果があります。

・シンデレラの靴はパーティー用

どんなに脚がきれいに見えても、

痛くて歩けなければどうしようもありません。

ただ、自分を美しく見せる靴を

しまっておくのはもったいない!

そんな靴はパーティー用に。

捌ける時間は短くても、瞬間的に

脚をきれいに見せることができるのです。

・通勤靴は足の健康第一で

普段の通勤には歩きやすい靴を探しましょう。

この場合は、足の健康第一を考え、多少、

デザインは妥協してもよしとします。

何足も試し、自分に一番合う靴を選びましょう。

・サンダル+靴下はNG

サンダルは素足で履くものです。

10代の子なら流行を追うのもいいですが、

大人の女性が履いていると野暮ったく

みえますので注意してください。

ブランドバッグよりも自分に合うバッグ

日本では、服装や靴は安っぽいのに、

バッグだけはハイブランド品を持っている人がいますが

格好良いものではありません。

また、逆に服装はきちんとしているのに、

バッグには気を使っていない人も多く見かけます。

イメージコンサルタントとしておすすめする

バッグの優先順位は

①サイズ感

あなたの背丈や骨格、肉付きに合わせた

バッグを持ちましょう。

背が小さい人なら小さめのバッグを。

ある程度背も横幅もある方なら、

大きめのバッグを持つ方が素敵に見えます。

②素材感

バッグは必ず値段よりも質が良く、

高そうに見えるものを買いましょう。

特に革製品の場合、値段に品質が比例します。

安い合皮のバッグを3つ購入する代わりに、

質の良いものをひとつ買うことで、

あなたの見え方は断然よくなるでしょう。

もちろん、安いバッグでもデザインがしゃれていて、

持っていてかわいいものもたくさんでています。

その場合は、古びて摩耗するまで使わないようにしましょう。

おしゃれをして美人を手に入れる

毎日職場と家の往復ばかりの生活をしていると

ファッションも実用重視になりがちです。

年齢に関係なく、引き締まった身体のお客様には

冬でもノースリーブのワンピースをおすすめします。

そうするとほとんどのお客様が

「この上に何を羽織ればいいでしょうか」

と質問をされます。

デザイナーはその服を一着で美しく見せるために

デザインをしています。

外ではコート、カーディガンを中に着て

レストランに着いたらコートとカーディガンを

脱げばいいのです。

素敵でいたいことよりも、楽な方がいいと

思い始めたら危険信号です。

人から丁寧に扱われる人、尊敬される人であることは

あなたの背筋を伸ばし、生活に潤いを与えてくれます。

日常生活の中ではなかなかおしゃれをする機械がない

人も多いと思います。

そんな方は、海外ファッション誌でも

日本のファッション誌でも構わないので

雑誌を手にとって眺めてみることから

始めてみてください。

きっと世の中の素敵な洋服たちと、

それを着こなしている美しい女性がいることに

気付き、自分のワードローブに対しての

気持ちが変わるはずです。

おしゃれをする理由を作ることもおすすめです。

食事会、コンサート、勉強や趣味のサークルに入る

同窓会、パーティーの主催など

素敵な服を身に纏う機会を作りましょう。

もしおしゃれをする理由が見つけられない方は

一度イメージコンサルティングを受けてみてください。

モノクロの世界から、カラフルな世界へ変われる

きっかけになるはずです。

「見た目」が変わると人生が変わります。

Y Style New York & Tokyoでは、ステージアップに

つながる様々なメニューをご用意しています。

イメージコンサルティングにご興味のある方は、

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、
皆さまのお越しをお待ちしております。