フェイス分析からの似合うメイクと髪型で変身術!

2020.11.21

2721

自分に似合う髪型やメイクって何?
サロンにお越しになるお客様でもこの悩みを
抱えている方が非常に多いです。

ロングヘアが似合う?ショートの方が垢抜ける?
前髪は?あった方が若く見えるの?等々
女性の悩みはつきません。
そこで今回のコラムは、フェイス分析からの理想の
美人顔の作り方をご紹介していきます。

フェイス分析とは

フェイス分析とは、顔型を大きく6タイプに分け、
似合う髪型や襟元、メガネ
を選ぶコンサルティング方法です。
また、お顔の「パーツの位置」やサイズを
測ることによって、顔のプロポーション
ビューティバランスがわかり、
自分にあったメイク方法がわかります。

あなたの顔型は何?

まずは、自分の顔型を知りましょう!
6タイプの顔型として、
卵型、丸型、面長、四角形、ベース型、
逆三角形に分けられます。
それぞれの特徴から自分の顔の形が
どのタイプに当てはまるのか、
チェックしてみてください。

【卵型の特徴】

縦幅(眉間~顎先):横幅=1:1で、
生え際~眉間~鼻先~顎先の距離がほぼ同じ。

一番バランスの取れた顔型のタイプ。

ヘアスタイルとしては、どんな髪の長さや
スタイルも似合うラッキーな顔型です。
面長にも見えやすいので、前髪をつくる場合は
後ろから深めにするといいでしょう。

【丸顔の特徴】

・顔の縦横が同じくらい
・顔の縦幅(生え際~顎先):横幅=1:1
・フェイスラインに丸みがある
・頰がふっくらしている

全体的に丸みを帯びて優しい印象を与え、
実年齢よりも若くみられることがあります。

★似合うヘアスタイル★
頰がふっくらしている丸顔の方は、
顔の横幅が広めなので、
トップに高さを出すよう工夫し
顔を長く見せましょう。
縦幅をつくることによってシャープに見えます。
高い位置のアップスタイル、ハーフアップも
おすすめ。前髪をつくる場合は、
隙間をつくる、横幅は狭めで
サイドは下ろすと小顔効果になります。

【面長の特徴】

・顔の縦の長さが横より長い
・目の位置が上にあって、目から顎の距離が長い
・頬骨の位置が高い

シャープで清楚、大人っぽい落ち着いた印象を
与える面長さんです。

★似合うヘアスタイル★
顔の長さが気になる場合は、前髪をつくりましょう。
その際は、前髪の量は多めに、
丸みをつけ立体的にするといいです。
横長に前髪をつくると縦幅が狭くみえて◎
顔のサイドにパーマ等でボリュームをつけ、
ひし形を意識すると
バランスがよくなります。
前髪を作らない場合は、外ハネに。

【四角形の特徴】

・比較的広めな額
・小さめな四角い顎
・直線的なラインが多いフェイスライン

顔型があご先が平べったく、ほお骨が張って見える
のが特徴で、顔が大きく見えてしまうという
お悩みの方が多いです。

★似合うヘアスタイル★

顎に特徴のある四角形タイプは、
横幅が広くみえてしまいがちです。
そのため、縦幅がでるようにおでこに
空間を作ることがポイントです。
軽めのシースルーバングや横に流す、
トップはボリュームを持たせる。
硬い印象にならないようい軽めの質感、
あご下にボリュームを出してカットや
パーマもおすすめです。

【ベース顔の特徴】

・エラ張りが目立って見える
・顔が横に大きく見える
・頰が張っている

顔型がエラ、ハチが張っているのが特徴で男性っぽく
見られたり、平面的な印象になりやすい方が多いです。

★似合うヘアスタイル★

横に広がって見えやすいので、トップが高めの縦長、
ひし形シルエットがおすすめ。
バックの髪にボリュームを与え、重心を高く見せる
硬い印象を和らげるパーマで輪郭を
柔らかいカールでカバー。前髪をつくる場合は
横幅狭めにし、流す場合もあまり
長くせずおでこを隠しましょう。

【逆三角形の特徴】

・輪郭がシャープ
・顎がとがっている
・頬骨が横に張っている

シュッとしたシャープな顎のラインがクールな印象を与えてくれます。

★似合うヘアスタイル★

シャープな顎を目立たせないように、顔まわりに
曲線をつけましょう。下にボリュームを出す
ロングや、外ハネボブをお似合いになります。

パーツの位置での位置がとても重要!

顔の特徴から自分の顔型は大体わかったでしょうか。

次は「パーツの位置」です。

卵型や逆三角形の小顔に憧れている方も多いとは
思いますが、顔が小さい、卵型の輪郭の人は
全員美人でしょうか?

「あの人、目がぱっちり大きいのに
別に美人じゃないな」とか
「鼻があんなにスッと高いのに、
イケメンではないな」と感じたことが
ある人も多いのではないでしょうか。

実は、顔のパーツの位置がバランスの良い人が
美人、イケメンに見えるのです。

その美しく見えるバランスのことを「黄金比」といいます。

黄金比とは

黄金比とは、全世界共通で万人が「美しい」と
判断するといわれている目、鼻、口など
顔のパーツの配置や大きさの比率のことです。

定められた黄金比率に近ければ近いほど、
美しく魅力にあふれた顔とされています。
俳優さんやモデルさんなど、美人と感じる人たち
の顔は、この黄金比に近いお顔であることが多いです。

美しいと判断する顔の比率には、3つの要素があります。

① 顔全体のバランス(縦・横の長さ、縦・横の比率)
② 各パーツの位置(目、鼻、口、眉などの位置)
③ 各パーツの大きさ(目、鼻、口などの大きさ)

この3つの要素それぞれにおける比率が、美人顔の条件と言えるのです。

黄金比を知るメリット

自分の顔は黄金比じゃないから私は美人顔じゃない・・・
とショックを受ける必要はありません。
黄金比を知っていれば、自分の顔のどの部分が
黄金比とは違うのかを判断することができます。

そして、黄金比との違いが分かれば、どうすれば
黄金比顔に近づくことができるのか、
その方法を見つけることができるのです。

美人顔の条件

1.顔の縦の長さ
髪の生え際~眉頭の下:眉頭の下~鼻の下:鼻の下~あご先
(赤の矢印)⇒1:1:1
「髪の生え際から眉頭の下」「眉頭の下から鼻の下」
「鼻の下からあご先」の長さが、全て同じ比率の
「1:1:1」であることが条件です。
顔の大きさや身長などにもよりますが、
約6〜7㎝がベストの黄金バランスです。

2.顔の横幅
髪の生え際〜目尻:右目の幅:左目の目頭~右目の目頭
:左目の幅:髪の生え際〜目尻(黒の矢印)
⇒1:1:1:1:1
顔黄金比が示す美人顔は、「顔の横幅」が
「目の横幅」の5倍であることが条件です。
目の幅は約3㎝がベストのバランスです。

3.鼻の下からあご先の長さ
鼻先~上唇と下唇の境目:下唇~あご先(緑の矢印)
⇒1/3:2/3
鼻先~下唇の下のライン
:下唇の下のライン~あご先(青の矢印)
⇒1/2:1/2

4.眉の位置
眉毛の量や長さ、眉尻、眉山の位置、形は顔の美しさを
左右するので、非常に重要です。

・「小鼻の外側」と「目頭」を結ぶ直線の延長線上に
「眉頭」が来ること

・「眉頭」から「眉尻」の約2/3の位置にくること

・「小鼻の外側」と「目尻」を結ぶ直線の延長線上に
「眉尻」が来ること

ただし、眉毛は流行があるので、黄金比通りにメイクすると、
違和感が出てしまうこともあります。
メイクの際には、トレンドを取り入れながら、
微調整するようにしましょう。

顔の黄金比をチェックする方法

鏡を見ながら定規で測ってみましょう。
もしくは、スマホで真正面から自分を撮って
みて測ってみるのもいいと思います。
ただ、正確に知りたい方はプロに見てもらうのが一番です。

黄金比に近づけるメイクのポイント

目と目の間の幅が広いケース(離れ目)は、
目を近づけるようなメイクをしたり、メガネを
かけたりすることでカバーすることができます。

また、メイクで理想的な黄金比率の顔にするためには、
目などのパーツに集中することではなく、
顔全体の余白に注目することが大切です。

おでこの面積、頬や眉間の長さ、眉と目の間隔、
鼻の長さ、アゴの面積を確認してみましょう。
狭く感じるところや、広すぎると感じるところは
ありませんか?
目の横の余白が広すぎるなら、シェーディングや
横の髪を下ろしてみるとバランスが良くなります。

自分の顔のどこに手を加えれば印象が変わるか
どうかを理解することが美人への近道です!

Y Style New York&Tokyoでは、フェイス分析からのメイク、
髪型の提案を行っています。

自分の顔型は丸みたいだけれど、髪を切ってしまって
大丈夫?そんな方向けにウィッグを使ったヘアスタイル診断も
行っています。

実は多くの方が自分の顔型を正しく認識していないのです。
そのためにY Styleでは7つの分析手法を使って
お客様がご自分の目で納得していただけるよう
様々なツールをご用意しております。
自分を知りたい方、ぜひ一度お越しくださいね♩